まつ毛育毛に用いるお薬とは?

まつげ育毛
12 /15 2017

ビマトプロストについてどんなお薬?


まつ毛貧毛症(睫毛貧毛症)のためのお薬

2009年に米国のFDAで認可され使用されており、睫毛貧毛症(しょうもうひんもうしょう)の患者に処方される場合、厚労省認可の認可(2014年~)があり、上まつ毛の長さ、豊かさ(太さ)、濃さを改善する作用が確かめられています。
引用元:水沢みなみ皮フ科HPより

このビマトプロストは、毛包に作用することで、まつ毛のヘアサイクルに働きかけると言われていまます。


ビマトプロスト(商品名:グラッシュビスタ)の特徴

もともと緑内障の治療薬として開発。日本でも、ビマトプロスト(商品名:ルミガン)として緑内障の治療に使われています。
 その際、思いがけない副作用として「まつ毛が濃くなったり太くなったりする」ということが確認。そこでこの作用を美容目的に応用した薬がビマトプロスト(商品名:グラッシュビスタ)です。

効果は?


まつ毛の成長(長さ、豊かさ、色の濃さ)において、臨床試験では12週間(約3ヶ月)の試験で約80%の人で効果を確認できたと報告されています。


副作用はないの?


日本人を対象とした臨床試験では報告されていませんが、まぶたが陥凹したりする副作用が報告されています。




スポンサーサイト

matuikibanvi

いつでもふさふさのまつげへ・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。